読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョビのクマった日誌

読書とかお笑いとか日頃の愚痴とか面白いと思うものについて書きます。見習い中o(`ω´ )o

カフカ『断食芸人』について書きますo(`ω´ )o その2

 どうも、チョビです。今日は昨日の続きで、カフカの『断食芸人』について、私が感じたことを書こうと思います。

 

昨日の記事↓

 

bukichobi.hatenablog.com

 

 

 ネタバレになってしまうかもしれませんので、これから読む人の邪魔になってしまうかもしれません。もしそうなったらすみません。

 

 

 

 

『 断食芸人』から考えた、"自分を表現する"ということについて

 私は昔、"自分を表現する"ということは、絵を描くとか、歌を歌うとか、役を演じるといった所謂芸術表現と言われるものを指して使われるもので、特別なことなのだと思っていました。

 

 しかし言うまでもない当たり前のことかもしれませんが、日常生活の中で、例えば誰かと話して自分の意思を伝えることだって"自分を表現する"ことだし、好きな服を着ることだって"自分を表現する"ことです。そんなに特別なことではないのですよね。

 

 仕事だってそうです。アーティストとかクリエイターと呼ばれる人たちの仕事だけが"自分を表現する"ということではないのですよね。

 

 お金を得るために考えて、行動して、人に伝えて…ってやるのが仕事なのですから。(まあほとんど働いたことないんですけどね)

 

 スポーツもそうです。フィギュアスケート競技ダンスみたいな表現することをメインにするもの以外のものでも、新記録を狙うとか試合に勝つという目標を達成するために練習して体を鍛えて、技術を磨いて、パフォーマンスをする。

 

 "自分を表現する"ということは特別なことではないし、生きていくということはそのまま何かを表現することとイコールなのでしょう。

 

 長年勘違いしてきましたが、もっと早く気づきたかったです。思春期のころからの勘違いです。恥ずかしい。

 

 それはまあ置いておいて、"自分を表現する"ということについてですね。

 何かを表現するということは、生きることと切り離せないことであり、時間をかけて、少なからず命を削って行われることであり、その結果何かを生み出すということ。

 

 断食芸人の場合は、断食という行為によって人の見世物になることでお金をもらって生きています。

 

 この断食芸人がどんな気持ちで断食を行っているのか。生きていくためにお金を得る必要があるというのもそうですが、それよりも彼は「断食においては他の追随を許さない。自分は世界一の断食芸人だ。」というプライドのために断食を行っているのです。

 そして、「断食せざるを得なかった。他にどうしようもなかった。」とも言っています。なぜ彼がそんなことを言ったのか、その理由を言ってしまうとひどいネタバレになってしまうのでこれ以上書くのはやめておきます。

 

 芸として"断食をするフリをする"、"断食をしている人間を演じる"のではなく、わざわざ本当に断食をしている。そうまでして断食にこだわっている理由は、ぜひみなさんに実際に読んでもらって知ってほしいです。

 

 

 

 ただお金を稼ぐならもっと割のいい仕事なんかいくらでもありますけどね。それでも彼は断食芸をしていた。彼にはそれしかなかった。

 それでしか自分を表現できなかった。断食でお金をもらっているので食費はほとんどかからないけども、せっかくお金をもらっても趣味を楽しむ気力も体力もないことでしょう。しかも、断食芸以外の仕事ができないぐらいの歳になるまで断食芸を続けて、再就職に困る描写も作中にあります。もはや何が楽しくて生きているのかわかりゃしない。

 断食芸人の場合は生きるためというよりただただ死に向かっている感じがするし、見ていて哀れな気持ちになってきます。

 

 プライドによって断食をしていると書きましたが、強靭な精神というよりは、断食によって脳みそが萎縮して、途中で精神がまいって正常な判断ができなくなってしまっているためにそう思い込んでいるだけなのではないでしょうか。

 

 

 スポーツなんかだときついトレーニングを積んで、本番の試合でも手足がもげそうになるぐらい、心臓が弾け飛びそうになるぐらい苦しい思いをして、ということがあっても、試合に勝ったりいい記録が出たりすれば嬉しいし、そうでなくとも全力を出し切ったあとは気持ちよさを感じることができます。

 命を削って多少の苦しい思いはすることになるけど、その分気持ちよさも得られるし、成長できる。

 見ている側も気持ちいいし、感動できる。

 

 一方で断食の場合は、気持ちよさなんか欠片もないし、筋力が落ちて体力がなくなる。命削りっぱなし。ほとんど何も得られない。何も生み出さない。せいぜいわずかなお金と、断食の記録によって生まれる自己満足を得られるだけ。

 人々の反応も、感動を与えるというよりは好奇の目に晒されるという感じ。

 

 

 生きていく、何かを表現するということは命を削っていくことであり、死に少しずつ着実に近づいていくということ。生きようとする人間も、死のうとする人間も死に近づいていくことには変わりない。生きるために命を削るか、死ぬために命を削るか。

 

 私は今、「自分にはこれしかない」とか、「仕方なく生きている」という気持ちで生きてしまっていますが、そんなふうに考えて無駄に命を削って生きず、楽しく生きるために命を削っていきたいですね。断食芸人みたいな生き方は嫌です。

 

最初はこんな感じの結論にするつもりはなかったのですが、書いてるうちに気分が変わってきました。

 いろいろ書きたいことがありましたが、まとまらなくなってきたので今回のところはこの辺で終わりにしておきます。

 

 

 

 

終わりに

 本当はもっとね、私の大っ嫌いなユーチューバー(嫌いというより嫉妬している)のことや拒食症のことなんかも絡めて書いてみたかったんですけど、長くなるしもっと収拾つかなくなるのでやめました。

 

 ただでさえ文章書くのが下手くそでキモくてダメダメなのにカッコつけすぎてさらにわかりにくくなってますね。すみません。もっとうまく書けるように精進します。

 

 明日は「最近ブログを書くのがつらくなってきた」をテーマに書こうと思います。それではまた明日。