チョビのクマった日誌

読書とかお笑いとか日頃の愚痴とか面白いと思うものについて書きます。見習い中o(`ω´ )o

セーラー服の歌人 鳥居という人を知りました。

 久しぶりに書きます。半年以上更新していなかった。どうせだれも見ていないし書きたいこともなかったので別にいいのですが。

 

 

 

 

 

 

 まずは近況報告。

 

 ブログを更新してない間はまあ、普通に仕事して、惰眠を貪るだけの平凡な毎日でした。

 

 最近は死にたい、嫌なことから逃げたいと思いながら自堕落な毎日を過ごしています。

 それはまあどうでもいいですね。

 

 セーラー服の歌人、鳥居さん。一体どんな人なんでしょうね。

 

 鳥居って言ってもお笑い芸人の鳥居みゆきじゃないよってね。

 ちなみに私は中3のときから鳥居みゆきさんのファンです。いや…ファンとは言えないかな。にわかだし、他のファンの人たちに嫌われてますし。それなのに、ファンの人や鳥居みゆきさん本人に失礼なことですが今でもたまに彼女の出演する舞台を観に行ったりしてます。ごめんなさい。

 執着を捨てられないんです。ごめんなさい。

 

…話を戻して鳥居(歌人の方)についてですね

 

 歌人…和歌や短歌を読む人ですね。

 俳句とか短歌とか和歌とか、国語の授業でちょっと触れる程度で、石川啄木とか昔の人で有名な人はいるけど、現代では短歌専門の作家ってあまり話題にならないというか…私が知らないだけかもしれませんけど。

 

 

 私は昨年9月に、ネットニュースの記事になってるのをキッカケに知りました。

 彼女の生い立ちが詳しく書かれた『セーラー服の歌人 鳥居 拾った新聞で字を覚えたホームレス少女の物語』(著:岩岡千景 出版:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)、歌集『キリンの子 鳥居歌集』(著:鳥居 出版:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)

が発売中です(宣伝)。

 その2冊を先週購入して今日読み終わったので今回鳥居さんについて書くことにしたんですけどね。

 ああ、彼女のことを知って、本を手に入れて、読むまでに半年以上かかってしまった…。

 我ながらよく半年前に知った人間のことなんて覚えてたものだと思います。

 

 鳥居さんは母の自殺、児童養護施設での虐待、ホームレス生活などかなり波瀾万丈な体験をしてきたらしいです。

 そんな境遇のため学校にもろくに通えず、難しい漢字などは児童養護施設の職員が読み終わって捨てられた新聞などで辞書を引きながら独学で覚えたとのこと。

 そんな彼女が短歌に出会って、自分を表現してきた。彼女の歌は、自身の体験が元になっているのでつらさや悲しさを感じさせるものが多いですが、悲しいだけじゃないというか、明るさや可愛さを感じさせるものもあるし、何より心に染みるというか…寄り添ってくれる感じがする、と私は思いました。

 

 ちなみに言い訳に聞こえるかもしれませんが、私は自分勝手で卑怯でキモいクズですけど、別に他人の不幸が大好物とかそういうわけではありません。

 むしろつらくなってくるのでフィクションならともかく現実では他人の不幸な話や理不尽な話はできる限り聞きたくないです。(いい人アピールかよキモいな…。)

 

 中学のときに厨二病を拗らせてシュールなものや人間の闇を感じさせるものに積極的に触れて好むようになったせいもあると思います。

 まあ厳密に言えば私の場合はそういうものを好む自分が好きというか、人と違うものを好む自分カッケー!とか、そういう部分の方が大きいです。

 本当に気持ち悪い。

 

 

 しかし…実は「この人本当にこんな体験したのかな」と、思っています。

 佐村河内守氏みたいな例もあるし、「こんな体験してないどころか下手したら作品そのものも別の人が…」なんて思ったりもしました。

 これはまあ言い過ぎ考え過ぎですかね。ごめんなさい。

 

 彼女の体験は本当なのか、全部が全部本当ではなく一部脚色しているけど大体本当のことなのか、精神を病んで生まれた妄想によるものか…。

 本当のことはわからないけど、まあ本当でないなら「ああ、凄惨な体験をした人はいなかった。よかったなあ。」で済む話だし、「この歌好きだなあ。」と思ったことに変わりはないのでどうでもいいことかもしれません。

 

 何にせよ、大学時代は文学部で「芸術とは何ぞや?」みたいなことを学ぶゼミに所属して、障害を持った子供やらと関わる機会があった私としてはとても興味が尽きない人です。

 私は義務教育を受けられなかったわけではありませんが、いろいろあって後悔の残る青春時代を送ってきたし、自分を表現することにも少なからず憧れがある。

…本当は表現する「自分」なんてない空っぽ人間だし、手段もないし、憧れというより表現する手段を持っている他人に嫉妬しているだけですけど。

とにかくいろいろあって興味がある。

 

 機会があれば会ってみたい。何かイベントとかやらないのかな。会うことを目標の一つにに生きるのもよきかな。

 本人が読んだらさぞかし気持ち悪かろうな。本当にキモいな。ごめんなさい。

 

 長々とキモいことをすみませんでした。大体書きたいことは書いたので終わります。

 

今日でブログを始めて半年らしい_(:3」∠)_

 どうも、チョビです。久しぶりに書きます。

 はてなブログからメールが来まして、どうやらこのブログを始めて半年になるそうです。

 最近は更新していなくて、ほんの数日前に「約1ヶ月更新していません。そろそろ何か書いてはどうですか。」というメールが来たんですけどね(<_<)

 

 もともと気まぐれと自己満足で始めたもので、特に書くテーマが固まってるわけでもないし、内容は愚痴が大半だし、ネットビジネスを始めようとかっていうわけでもないので…。

 明確な目的がないと、毎日更新し続けるという簡単なこともできないものなんですね。

 

 最近は、仕事を言い訳にしてブログの更新をしていませんでした。ブログも書かない。仕事のための勉強もしていない。読書もしない。

 毎日をうまく過ごすことができていません。

 

…愚痴はこの辺で切り上げて、一旦話題を変えましょうかね。

 

 半年経つって意外と早いものですね。

 3月末に甥っ子(姉の子ども)が生まれたのですが、その子ももう生まれて約半年になります。

 姉は旦那が仕事でいない日なんかにちょくちょく帰ってくるのですが、ほんの1週間見ない間にすくすく成長して、今では首も据わって、寝返りもできるようになって、表情も豊かになって…。

 子どもの成長って、すごい…_(:3」∠)_

 

 

…ちょっと疲れたので今日はこの辺でやめておきます。中途半端ですいません。

 

 それではまた。さようなら。

 

_(:3」∠)_

自分のほんの少しの勇気で人が幸せになるっていう話?_(:3」∠)_

 どうも。久しぶりに書きます。

 

 今朝ね、コンビニに行ったんですよ。ミンティアを買ってトイレを借りようと思って。

 

 私がトイレに入って便座に座って、その直後に「ガチャガチャ!」と、誰かがトイレのドアを開けようとする音がしました。おじさんでした。

 ちゃんと鍵のところを確認してほしいものです。自分もやってしまったことはあるかもしれませんが、やられると結構気分が悪くなりますね。あれ。

 

 待たせるのも嫌だったので用を足すのを一旦諦めて、私はトイレから出ました。待っていた時間の長さからして大きい方だったと思います。

 

 おじさんがトイレから出たのを確認してまたトイレに入りました。

 用を足して、何気なくトイレットペーパーに手を伸ばしたのですが…

 

 

 

 無かったんですよ。紙が。

 

 無い。トイレットペーパーがない。2つあるホルダーのどちらにも無い。替えのトイレットペーパーも見当たらない。

正確に言うと片方のホルダーにほんの一巻き、1回分ぐらいはあったんですけど。

 

 あのおじさん、なんて残し方をしていきやがる…。

 

 内心焦りました。そのうえ、またトイレのドアを「ガチャガチャ!」とあけようとしてくる人が。

 

 紙がなくて焦っているうえに、トイレに入りたがっている人がいる。

 どうしてそんなに私を追い詰める…_(:3」∠)_

 

 つらかったですが幸い、カバンの中にポケットティッシュが入っていたので何とかなりました。ティッシュを入れておいた過去の私に感謝したい_(:3」∠)_

 

 

 なぜ朝っぱらから私がこんな目に合わねばならんのだ…。理不尽だ( *`ω´)

 

 

 そのあと人見知りである私は、知らない人にわざわざ「トイレットペーパーないですよ」と言う気にはなれなかったので、便座のフタにトイレットペーパーの芯を置いておいて、「紙が無い」というメッセージを伝えることにしました。

 

 気づいてくれたでしょうか。

 まあ気づいたところで紙はないから、その人が紙がないことによって不快な気持ちになるかもしれないことに変わりはないのですが…。

 

 別に、「自分も不幸な気持ちを味わったのだから他人も同じ気持ちになるべきだ」なんてことを思ってそうしたわけではありません。むしろ、「教えてあげるべきだろうか」、「店員さんに言うべきだろうか」と考えました。

 しかし、自分が人見知りであることを言い訳にして、紙がないことを伝えるための方法を思いついたことに満足して、逃げてしまいました。

 

 「やらぬ善よりやる偽善」なんていいますが、本当にその通りですね。

 

 私がほんの少し勇気を出せば、不幸な気持ちになる人間が減ったかもしれない…なんて言うと大げさですが、中途半端にいいことをしようと思ってやらずに終わると気分がよくないので、次にこういう機会があれば(ない方がいいけど)、勇気を出して声をかけられるようにしたいです。

 

 長くなってしまいましたが、さいごにこれだけは言っておきたい。

 ・ティッシュは持ち歩いていた方がいい。

 ・公共の場でトイレに入るときはまず紙の確認を。

 ・人がトイレに入っているかどうかちゃんと確認して。ノックで急かされたり、

 ガチャガチャやられると気持ちよくない。中の人は孤独で過酷な戦いの最中かもし

 れません。

 

 さいごだけ覚えてくれたら前半はどうでもいいです。

 

 長々とくだらぬことを書いてすみませんでした。それではまたいずれ_(:3」∠)_

 

 

f:id:BukiChobi:20170810213315j:plain

 

 

 

 

ファミチキのカレー味を食べました( *`ω´)

 どうも、チョビです。今日はファミチキのカレー味を食べました。

 タイトルでネタバレしてみました。

 

 すごく「カレー!」って感じでした。匂いが。当たり前だけど。

 

 買ったときはあまり匂いを感じなかったのですが、紙袋を開けた瞬間にすごく匂ってきました。それはもう食欲を刺激されるいい香りが鼻にダイレクトに飛び込んできました。

 

 うまく伝えられない…_(:3」∠)_

 食レポは苦手です。

 

 とにかく、匂いは最高だったんです。

 でもボンヤリしながら食べたせいか、味をあまり覚えていません。次はもっと味わって食べようと思います。

 

 あと、じゃがりこの塩枝豆バター味?が気になりました。

 

 食べ物の話ばかりですね。今日はこれで終わります。

f:id:BukiChobi:20170727215108j:plain

ファミチキのカレー味_(:3」∠)_

 どうも、チョビです。今日は久しぶりに書きたい気分です。

 

 今日は、帰りにファミマに寄りました。8時半頃だったので食べ物を買ってしまうと太るしお金がもったいない…( ・᷄ὢ・᷅ )

 と思ってやめたのですが、ふと目に入ったファミチキのカレー味が気になりました。

 

 買ってないですよ。誘惑に勝ちました。明日には負けてます、多分。

 というか自分の意思で買います。

 

 自分の意思で買えば負けたことにならないんです。負けたと認めなければ負けたことにならないんです。でもそれはただ言い訳しているだけとも言えるかも…。

 

 まあいいか。

 

 ところでみなさんはカレーはお好きですか?

 私はカレーは好きですけど、めちゃくちゃ好きというほどではないです。正直今までの人生で飽きるほど食べてきました。日本人なら大抵の人はそうかもしれませんけど。

 家でのごはんもカレーの日はあまり嬉しくないというか…「なんだカレーか」って気持ちになることが多いです。

 

 好きなんですけどね。作ってもらっといてそんな風に思うのも失礼だし嫌なんですけどね。

 

 みそ汁とかならあまりそんな気持ちにならないんですけどね。メインディッシュとスープの差ですかね。

 

 

 もっとカレーそのものよりも、「カレー味の何か」の方が食べたいです。

 カレー味のお菓子とかちょっと気になります。

 カレー味のにく…食べるしかないでしょう_(:3」∠)_

 

 ちょっと調子にのって書きすぎました。やめます。昨日ちょっとずつ書こうって言ってたのに…_(:3」∠)_

 

 多分明日は書きません。あんまり力入れすぎると書けなくなる…_(:3」∠)_

 

 それではまた明日_(:3」∠)_

 

 おしまい

更新するだけ( *`ω´)

 どうも、チョビです。特に書くことはありません。気分じゃありません。

皆様にお得で役立つ耳寄りな情報を…なんてことは書けません。

 面白い体験談や物語も書けません。

 一体何のために書いているのやら。

 

 自己顕示欲を満たしたいだけです。

 

 私に書けるのは、自分語りと愚痴ぐらい。

 

 

 最近ミント系のタブレットやガムが好きです。スーッとして気持ちいい。

 

 とりあえず、複数の同じ名前のネットビジネス垢にフォローされたのが今日一番嫌なことだった。

 

 書くことなくなってしまったので終わり。

 

 また毎日更新しようかしら。長く書くのではなく少しだけ。そうしようかな。多分そうする。

 

おしまい。

 

 

自分が一番正しいと思い込んでいる( *`ω´)

 どうも。チョビです。相変わらず何もする気になれない。何かやろうと思っても、言い訳が浮かんできて気分が萎える。

 

 自分に自信がない。自己肯定感が低い。人に見せられる文章を書いてこそのブログなのに、結局いつも自分の不平不満、愚痴を書くだけ。無意味。非生産的。

 

 すぐ自分以外の何かのせいにする。自分が悪いのに。

 

 生きていたくない。人に迷惑かけて悪いことばかりやってきたから、さっさと消えて楽になりたい。申し訳なさも多少はあるんだけど、自分の失敗をなかったことにして責任から逃れたいだけ。

 

 

 自分を変えようとする努力はおろか、そんな考えを持つことも放棄する。

 だって落ち込んだり、自分を責めたりしている方が楽だもの。

 昔に自分が他人に対してしてきたことを悔やんで、相手に申し訳なさを持つ分にはいいんだけど、そんな自分に酔いしれてしまうことの方が多い。悲劇の主人公気取り。気持ち悪い。

 

 自分を責めて落ち込むのは、辛いんだけどなぜか安心感を、心地よさを感じる。

 暗い部屋の隅っこで膝を抱えて座り込んでるみたいな感じ。わかりづらい。 

 

 

 

 他人を見下したり、蔑んだりすることでしか安心できない。自分よりひどい(と思った)人間を叩いて、正義面したくなる。「自分は善悪の分別がつくまともな人間だ」と思いたくなる。

 他人に対して気になることがあると、すぐに否定したくなる。でもそれはよく考えるとあまり嫌う理由にならないものの方が多い。

 

 「こんな自分は大嫌いだ」

 と思うんだけど、もっとマシな人間になる努力をするよりも、そんな「大嫌いな自分」にしがみついて、とりあえず「自分は何者かでありたい」という欲求を満たす。

 

 自分で自分を否定する分には別にいいんだけど、他人の励ましも否定したくなる。

 自分の考えが間違っていることはわかっているのに、間違った考えを正しいと思い込もうとしてしまう。

 

 自分が嫌いだけど、自分に酔ってます。気持ち悪いです。

 

 先に自分で自分を否定しておけば、他人に否定されてもダメージが少なくて済む、と思いたいけど、実際は自分からも他人からも否定されてダメージ2倍だよね。

 

 

 

 

 はー…肉が食べたい。

 

 

おわり